三浦健司 撮影セミナー
プロカメラマン 写真家
三浦 健司

日本の食、美術、伝統工芸に深い興味をもつ写真家。
ANAの機内誌『WINGSPAN』、『IKABANA INTERNATIONAL
』、『美味サライ』などで日本の食や伝統文化を写真と文で20年に渡り寄稿している。

講談社インターナショナル「KITCHO」(京都吉兆)Japan,s Ultimate Dining Experience(英語・日本語)版やAndrews McMeel Publishing「Japanese farm food」など欧米でいくつもの賞を受賞。

ライフワークは日本の桜。自作和紙印画紙に水墨画のように浮かび上がる夜桜を独特の方法で制作し海外の美術評論家にも興味を持たれている。

​1995年、自作和紙印画紙に夜桜を焼き付け灯りに透かし鑑賞する写真展を開催。近年は十勝の風景も撮影。2020年5月に銀座ニコンサロンにて写真展を開催。

広告・出版では、ADK、電通、朝日新聞、講談社インターナショナルなどカメラメーカーのカタログ、IT企業のイメージフォト。

さらに様々な雑誌の創刊。リクルートでは会社案内、入学案内、採用関連の撮影。大手代理店コンサルタントも経験する。

​写真関連では、KADOKAWA、玄光社、朝日新聞出版、日本カメラ、モーターマガジン社、インプレスなどから数多くの著書、共著があり、ムック、雑誌関連では企画・執筆・撮影を手がけ、写真関連イベント(フォトイメージングエキスポ)、ニコンカレッジ、アップルストアなどセミナー講師をつとめる

​●写真が変わればイメージも大きく変わる! 写真の力をレッスンいたします

ネットビジネスでは、写真の善し悪しが売り上げを左右する大きな要素になります。

​料理、装飾品、加工食品、衣料品などあらゆる商品の撮影をご指導いたします。

撮影機材はスマホから一眼レフまで、お手持ちの機材に応じ行います。

​商品によっては、魅力的に見せるテクニックもアドバイス可能です。

​この講師の日々の活動や講座の内容など、下記リンク先にてぜひご確認ください!!​
  • Facebook
ママとコとかち.png

 Copyright 2019©とかちの講師ガイド